城彰二 ゴールからの逆算

少年サッカー指導者で元Jリーガーの城彰二のサッカー上達法”ゴールへの逆算”




城彰二さんは元Jリーガーで現在では少年サッカー指導者として活躍されています。

年間5000人の子供を指導、プロでの成績は、446試合に出場、

162得点をあげ日本代表には、35回召集されています。

そんな城彰二さんが少年達に送るサーカー上達法”ゴールへの逆算”。


貴方のお子さんがサーカーが上達しなくてもし以下の事で悩んでいるのなら、

答えは”ゴールへの逆算”の中にあります。

ゴールへの逆算

おもいっきり蹴っても、シュートの威力がない。

狙ったところにボールが行ってくれない。

キーパーにシュートコースを読まれてしまう。

パスをうまく受けられない。

足下のボールがおぼつかない。

ディフェンスの選手にインターセプトされてしまう。

味方のパスを、相手ディフェンダーに先に追いつかれてしまう。


クロスボールをゴールの枠に決められない。

1対1でボールを奪われてしまう。

ディフェンダーのマークを振り切ることができない。

城さんはサッカーが上達しないのには貴方のお子さんに才能が無いのではなく、

間違ったトレーニングをしているからだといっています。

果たして最小の努力で上達する練習方法とは?

ゴールへの逆算

ECサイトで使えるサーバー