近視回復 レーシック

近視回復 レーシックの基礎知識で安心

携帯版 レーシックの基礎知識はこちら







近視回復 レーシックの基礎知識で安心してレーシックを受けましょう。

<レーシック手術の種類>

レーシックとは、レーザー治療で視力を回復する方法です。

海外では多くの人々に認知されており、ゴルフ選手のタイガーウッズが受けて有名になりました。

日本でも2000年に認可されて以来、毎年手術を受ける方が倍増しています。

レーシックといっても種類が多くあり、大手レーシック専門病院では複数のレーシック手術を選べます。

医院ですすめられるレーシックが果たして自分にあったレーシックであるか

判断するために、各レーシック手術の名前と、特徴を説明します。

1.レーシック

一般的な視力回復手術で、器具で角膜の表面を切りはがし、フラップを作り、

角膜実質層にレーザーを照射する方法です。

短時間で手術ができ、痛みも少ない為日帰りで手軽にできる

視力回復法として多く広まりました。


2.イントラレーシック

イントラレーシックとは、上記レーシックよりも安全性と精度を高めるため、

フラップを作成する際にもレーザーを用いて行う手術です。

安全性や確実性を求めるならこちらの手術がお勧めです。

レーシック


3.ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとは、目の細かな歪みをウェーブフロ

ントアナライザーという高精度の検査機器で解析し、

その結果をもとにしてレーシックを行うといった手術です。

従来のレーシックよりも精度が向上したものです。

4.エピレーシック

レーシックと同じ方法でエキシマレーザーを角膜へ照射して

屈折矯正を行う視力回復手術です。

エピレーシックは、角膜の厚さが足りずに通常のレーシックができなかった方や

眼球に衝撃を与えてしまう激しいスポーツをする方にオススメです。

5.アイレーシック iLASIK

アイレーシックとは、フラップを作成する時に高精度な医療用レーザーを

使用し、エッジがほぼ直角で一定の厚みをもった強く美しいフラップを作ります。

治療後のシワやズレが少なく、合併症の発生率も低く安全性に優れた視力回復方法です。


品川近視クリニックの人気の秘密を見てみる ←クリック

ECサイトで使えるサーバー